スミスマシンのバーの重さは何kg?メーカーごとに調べてみた!!

筋トレ

どんなジムでも1台は置かれているスミスマシン

バーの重さは何キロなんだろう?と疑問に思っている方は少なくないと思います

本記事ではスミスマシンのバーの重さは何キロか?ついて解説していきます!

 

スミスマシンのバーの重さは?

まずはじめに

スミスマシンのバー・シャフトの重さは、メーカーや製品によって異なります

殆どの場合、マシンをよく見ると注意書きに初期重量が記載されているはずです。

海外メーカーのスミスマシンの場合、初期重量がポンド表記されている場合もあります

ポンド表記されている場合はこちらを参考にしてみてください

初期重量が表記されていない場合はジムスタッフに聞いてみてください

私もジムのトレーナーとして働いていますが、バーの重さについての質問はよくされるので、スタッフ内で共有されているはずです。

 

メーカー別にバーの重さを調べてみた

HPを参考にして実際にバーの重さをみていきましょう

 

マトリックス(MATRIX)

世界的に有名なメーカー・マトリックス社のスミスマシンを見ていきましょう

引用:MATRIX公式サイト

(開始負荷抵抗:11.3kg/25lbs)

バーの重さは25ポンド、キログラム換算で11.3キロでした。

重さとしては微妙ですがポンドで製造されているので仕方ないですね

引用:MATRIX公式サイト

スミスマシンに傾斜のついたスーパースミスマシンもありましたが、初期重量の記載はありませんでした

 

プリコー(PRECOR)

こちらは私がいつも通っているエニタイムに置いてあるスミスマシンです。

HPにバーの初期重量が記載されていました

 

引用:PRECOR公式サイト

(開始負荷抵抗:11.3kg/25lbs)

こちらもバーの重さは25ポンド、キログラム換算で11.3キロでした。

 

タフスタッフ(TUFFSTUFF)

お馴染みのメーカータフスタッフのスミスマシンを見ていきます。

パーソナルジムでよく見かけるメーカーですね

引用:TUFFSTUFF販売サイト

(※バーの重量:約19kg)

タフスタッフのスミスマシンの初期重量は約19キロでした

こちらは結構重ためですね

 

ハンマーストレングス (Life Fittness)

続いてはハンマーストレングス

こちらもエニタイムやジョイフィット等のジムでよく見かける有名メーカーです。

 

 

引用:LIFEFITTNESS公式サイト

ですがハンマーストレングス社HPにはバーの初期重量は記載されていませんでした。

 

スミスマシン重量設定の大切な考え方

ここまで見た通り、スミスマシンのバーの重さはメーカーや製品によって違いがあります。

私が働いているジムではバーの重量が7キロ、以前通っていたジムのスミスマシンは9キロのものもありました。(私が通っていた大学のジムのスミスマシンはサビのせいで、記載重量より明らかに軽くなっていました笑)

またスミスマシンは大きく分けて

・傾斜がなくバーが垂直に移動するスミスマシン
・傾斜がついてバーが斜めに移動するスーパースミスマシン

の2種類あります。

初期重量が同じものでも、メーカーによって傾斜が微妙に違ったり、バーの太さが違ったり、マシンの劣化などで、体感の負荷は変わってしまいます。

このため、別のジムでいつもと違うスミスマシンを使う際は、バーの重さにこだわらず新たに重量を探って行く必要があります。

余談ですが、個人的にプリコーのスミスマシンは他のメーカーと比べて重たく感じます

まとめ

スミスマシンのバー・シャフトの重さについて解説していきました。

自分の普段使うスミスマシンのバーの重さを知って、記録等の参考にすることは大切です。

しかし、同じ重量でもメーカーによって体感の負荷は異なるため、別のスミスマシンを使う際は、新たに適切な重量を設定していくことが必要になります。

それではトレーニング頑張っていきましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました